眼科でコンタクトレンズの処方箋だけもらうことはできるのか?

    LINEで送る
この記事の所要時間: 637

インターネット通販でコンタクトレンズを買う場合、自分似合うコンタクトレンズの度数や形(ベースカーブや大きさ)がわからないと購入することができません。

コンタクトレンズを始めて使うという方や、度数が進んだ(目が今までより悪くなった)という方は、困ってしまうのではないでしょうか。

眼科に行くべきだけど、眼科でコンタクトレンズを買うとネット通販に比べてとても高い。

なんとか処方箋だけ眼科で発行してもらうことはできないのでしょうか。

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

コンタクトレンズを通販で書う時は絶対に処方箋が必要?

コンタクトレンズを使用したい時は、お医者さんに診察を受けて処方箋をもらいそれに従いコンタクトレンズを買う。

だから、コンタクトレンズには絶対に処方箋が必要だと思っていませんか?

実は意外かもしれませんが、コンタクトレンズを買うのに処方箋は必ずしも必要ではないのです。

コンタクトレンズは法律では、『高度管理医療機器』に指定されている医療機器です。

この法律で「高度管理医療機器」とは、医療機器であつて、副作用又は機能の障害が生じた場合(適正な使用目的に従い適正に使用された場合に限る。次項及び第七項において同じ。)において人の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがあることからその適切な管理が必要なものとして、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するものをいう。

>>医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律

『使い方を間違えると大変なことになるから、お医者さんのお話をよく聞いて買ってくださいね』というのが「高度管理医療機器」で、お医者さんがお薬をを処方する指示書である処方箋は、コンタクトレンズを購入する際には必要ないのです。

厳密にいえば眼科でコンタクトレンズを買う時もらうのは処方箋ではなく『処方を指示する書類』なのですが、ネット通販店や眼科でもほとんどの場合処方箋と言われていますので、このサイトでも「処方箋」と呼ぶことにしますね。

コンタクトレンズを買う時は処方箋が必要だという法律は、実際ありません。そのため、通販やドン・キホーテでコンタクトレンズを購入することは、違法でも闇流通でもありません。

ではコンタクトレンズを通販やお店で買うことが悪いことではないのなら、自分で好きなコンタクトレンズを好きな度数で購入してもよいのでしょうか?

それは大きな間違いです。

先ほども出ましたが、『使い方を間違えると大変なことになるから、お医者さんのお話をよく聞いて買ってくださいね』というのが「高度管理医療機器」です。使い方を間違えると様々な体の不調の原因となります。

コンタクトレンズの度数を自分で選んでしまうと、合わないコンタクトを長く使用したことによる眼精疲労・頭痛・イライラ・肩こり。さらに酷くなると自律神経失調症・心因性視神経症、それによる鬱・ひきこもりの原因になります。

また、コンタクトレンズの間違った使用法によるかゆみ・アレルギーなどによる結膜炎・角膜の損傷、最悪の場合失明した症例もあります。

参考:アキュビュー 目のトラブル(コンタクトレンズのトラブル)
※↑クリック注意!重い症例の写真が出ます!

コンタクトレンズを始めて使う、もしくは度が進んだ気がするという方は、必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

眼科で処方箋だけもらうのは嫌がられる?その理由とは

眼科やコンタクトレンズ専門店で、処方箋だけ出してもらうよう頼んだら断られたという話をよく聞きますが、なぜでしょうか。

私は眼科ではないので実際のお医者さんの気持ちはわかりませんが、その理由は主に3つあるようです。

その眼科の儲けにならない

コンタクトレンズを販売することでその眼科や専門店の運営が成り立っています。
出来れば自分のところで買って欲しいというのはあたりまえのことではありますね。

患者を囲い込みたい

患者さんを把握して、自分の眼科・専門店の常連さんになって欲しいということも考えられます。
次回以降もうちの店で購入してほしいということで、ポイントカードや割引券の発行もしてくれます。

発行した処方箋で適当なコンタクトを買ってトラブルになっても責任が持てない

一体何に使うのかわからない人に、自分が発行したコンタクトレンズ処方箋を渡したくありませんよね。その人がコンタクトの正しい使い方をしてくれなくて、失明など目のトラブルになって駆けこまれても責任がとれません。

気持ちわからなくもないですね。

かといって、眼科でずっと買い続けるのもお財布的につらい。難しいところです。

眼科で処方箋だけもらう方法

行った眼科が処方箋だけ出してくれなかったらショックですよね。眼科で処方箋だけもらうことはできないのでしょうか。

実際処方箋だけ出してくれる眼科もあるにはあるようですが、パッと行ってそれに当たるかはわかりませんし。

眼科で処方箋だけもらう方法は、事前に電話で処方箋だけ出してくれるか確認することだと思います。

事前に電話で問い合わせる

事前に電話で処方箋だけ出してくれるか問い合わせることで、眼科で気まずい思いをしなくて済みます。

自分がいける範囲の眼科を何件か調べて、電話で問い合わせてみましょう。電話だと嫌な顔をされることもないですし、断られたらその眼科には行かなければよいのです。

私が住んでいるところの近くの眼科に数件電話してみたところ、1件だけですが処方箋だけ出してくれる眼科がありました!少数派ですが、探せばあるようです。

処方箋だけ発行してくれる眼科がない場合はどうする?

自分が行ける範囲内に、処方箋だけ出してくれる眼科がない場合はどうすればいいでしょうか。

「処方箋だけ発行するのを断る権限はないはずですよね?」なんてお医者さんにすごむのも考え物です。

私がやっている方法は、その眼科や専門店で処方箋をもらい、コンタクトを買うことです。

まとめ買いを進められますが、「休日しか使わないので」「スポーツするときだけ使いたい」などと適当な理由を作り、そのお店で買える一番少ない個数だけ購入します。大体の場合1箱を購入して、「なくなったらまた買う」ということにして帰ります。

そして、眼科や専門店で買ったひと箱がなくなりそうになったら、購入したコンタクトと全く同じ度数・形(ベースカーブやDIA)のコンタクトレンズをネット通販で買います。

この方法は眼科も自分も嫌な思いをしないだけでなく、自分に合うコンタクトがわかるというメリットがあります。もし眼科で買ったコンタクトが合わなければ、「この前買ったコンタクトが合わないから交換してほしい」と言って処方しなおしてもらうこともできます。

私は目のトラブルを防ぐためにも、毎回この方法で買うようにしています。

処方箋なしでも購入できるコンタクトレンズ通販ショップ

今すでにコンタクトレンズを使っていて、度数やベースカーブ、コンタクトレンズの品名も決まっているという方は、処方箋不要の通販ショップで購入することができます。

ですが、度数やベースカーブ・品名がわからないという方は、まずは眼科やコンタクトレンズ専門店に行って自分に合うコンタクトレンズの診断を受けてください。

普段使うコンタクトレンズ。大切な目を守りながら、かしこく購入していきたいですね。

>>処方箋不要のコンタクトレンズを探す

    LINEで送る

サブコンテンツ

このページの先頭へ